クレジットカードとキャッシング

クレジットとキャッシングは、同じようなことを言っているように見えますが、その内容は大きく違うものです。英語のクレジットとは、信用という意味です。クレジットカードは、信用を利用して商品購入を代行するものです。買い物のときにクレジットカードを提示すれば現金を支払うことなくクレジット会社がお金を立て替えて商品を買うことができます。カード会社は、後でカードの利用者にお金を請求してきます。現金で支払うことがないのでたくさんの現金を持ち歩くリスクもなく、気軽にショッピングや食事を楽しめます。信販会社や、クレジットカード会社の会社から、クレジットカードは発行されます。クレジットカードを使うと、使った金額に応じてマイルやポイントが入ったり、旅行傷害保険が付帯サービスとしてついているということもあります。現金による融資を行うものが、キャッシンクサービスです。キャッシングというのは消費者金融や信販会社、クレジット会社から現金を借りることなのです。近年では、クレジットカードでキャッシングサービスが利用できることもあります。クレジットカードのキャッシング機能で借り入れできる金額はあまり多くありません。キャッシング専用のカードよりも少額に設定されています。現金融資が一番の目的であるという人はキャッシングカードがおすすめですし、普段はクレジット機能を使う場合はクレジットカードが便利です。

クレジットカードのキャッシング機能

ショッピングの時に、クレジットカードがあるととても便利です。この頃は、キャッシング機能付きのクレジットカードも人気です。不測の出来事などで、すぐにお金を用意したいという時でも、クレジットカードのキャッシングがあれば問題ありません。わざわざ消費者金融のカードを作らなくても手持ちのクレジットカードでキャッシングすることが可能です。クレジットカードは、カードを1カ月につきいくらまで利用できるかが明確に定められており、その金額内でクレジットやキャッシングができます。クレジットカードのキャッシングを利用する場合には金利とカードの締日をチェックしましょう。クレジットカードをつくる時には、キャッシングに使った時の金利や限度額も調べておきましょう。融資を受けた時に安く済ませられます。クレジットカードをつくった時の年収や職業によっても、利用限度額は違います。クレジットカードのキャッシング枠を確認しておくといいでしょう。クレジットカードの引き落とし日と、借入日との間が何日あるかで、キャッシングの利息額は大きく変わります。締日が15日で引き落としが翌月10日の場合、3月15日に3万円借りると引き落としは4月10日です。この場合、利息計算は3万円に対して25日ぶんになります。16日に借りた場合引き落としは5月10日ですから3万円プラス55日分の利息を支払わなければなりません。いつ返済するお金なのかを注意しながら、クレジットカードのキャッシングを使いましょう。

クレジットカードでのキャッシングの注意点

キャッシングの機能がついているクレジットカードが最近多くなってきています。実際にクレジットカードでキャッシングをする場合に気を付けることはどんなことなのでしょうか。クレジットカードを申し込むときにキャッシング枠というものを設定されます。キャッシングサービスは、枠内であれば何度でも受けることが可能です。返済は毎月のクレジット利用額と合算し口座から引き落としになります。便利なのは、急にお金がいる場合でも、融資の申し込みをまたする必要がないという点ではないでしょうか。キャッシングが枠内であれば何回でもできるからといってたくさん利用していると大変なことになってしまいます。カーローンや住宅ローンを新規で申し込むときに、ローン審査に関係してくることがあるそうです。金利も発生してきますので、自分で毎月しっかりと返済ができるかどうかよく考えてからクレジットカードのキャッシングをすることが大切です。カードの締め日と引き落とし日のチェックも、クレジットカードでキャッシングをする場合にはしたほうが良いでしょう。タイミングによっては長い期間の分の金利を支払うことになるので注意しましょう。クレジットカードのキャッシング簡単に利用することは、どうにも出費に対応できずピンチのとき以外にはやめておいたほうが良いのではないでしょうか。

 

アメリカンエキスプレスカードが人気クレカ