クレジットカードとは?

いつも使っている人は分かっているでしょうが、一応クレジットカードとはどんなものなのかを紹介します。
クレジットカードとは、その場で現金の持ち合わせがなくても買い物ができるカードです。
ですから、衝動買いに使うのもありですし、ボーナスを見越しての購入もありですし、来月の給料を見越しての買い物などもあります。

 

単にお金がないからではなく、カード支払いで全てを行う人もいます。
一般人ですとガソリンやネット通販などもお金がないわけではありませんが、カードで支払うことが多いですね。

 

また、ドラマなどでの高級レストランの支払いはゴールドカードが多いですよね。
あんなイメージで最初から現金を持ちわせていなくて全てカードで支払う人もいます。この場合はアメリカンエキスプレスカードなどステイタスなカードが多いように思います。

 

このようなイメージとなります!

 

 

支払いもクレジット会社に登録した銀行口座からの支払いとなりますから、給料の振り込まれる口座からの支払いとなるとかなり便利ではあります。きちんと管理出来、賢く使う分にはなんの問題もありません。

 

ですが、便利な反面ついつい使いすぎてしまうというデメリットもあります。
また、クレジットカードはあらかじめ設定した金額内でしたらお金も借りることが出来ます。
急な現金の入用などもATMで簡単にお金が借りられることから、利用する人も多いと言います。

 

このように使い方さえ間違えなければ、本当に便利です。
特に海外ではクレジットカードを持てる=信頼されていると思われています。

クレジットカードの種類

航空系クレジットカード

航空系クレカの一番の特徴は飛行機に乗る乗らないに関係なくマイルが貯まります。
JALカード・ANAカードなど

 

 

交通系クレジットカード

交通系クレカの特徴は、交通系電子マネーとの相互作用となります。
TOMEカード・ビューカード・東京メトロカードなど

 

 

銀行系クレジットカード

銀行系カードの特徴は、セキュリティーに強みがあることです。
三井住友VISAカード・VIASOカード・三菱東京UFJ銀行・住信SBIネット銀行など

 

 

信販系クレジットカード

信販系クレカは、信販業をメインとしている会社が発行しているカードとなります。
オリコカード・ジャックス・アメックス・ポケットカード・セゾンカード・セディナカードなど

 

 

流通系クレジットカード

発行会社で買物をする際に大きな特典や割引があり近年ドンドン増えています。
楽天カード・エポスカード・イオンカード・コスモ石油カード・セブンカードなど

 

 

その他クレジットカード

ACマスターカード・SBIカードなど

5つの国際ブランドクレジットカード

VISA(ビザ)

ビザとはVISA Internationalが正式名称のクレジットカードの国際ブランドです。世界のクレジットカード発行枚数が最も多いのがVISAカードとなっているようです。日本では住友銀行と提携して住友クレジットサービスを設立しました。

 

MasterCard(マスターカード)

ビザに次ぐ国際ブランドがマスターカード(Master Card)となります。米国でVISAに対抗して設立されたクレジットカードですが、ヨーロッパ中心に積極的に世界展開をはかっています。日本では、ビザ、マスター両方のクレジットカードを提供するカード会社がほとんどです。

 

JCB(ジェーシービー)

日本初の国際クレジットカードブランドがJCBカードです。日本では有名ですが、全世界的には2〜3%程度にとどまっています。日本でのJCB加盟店が最も多くなっています。またアジア地域でもJCBブランドは浸透していて、韓国、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイなどでは使えるお店が多いです。

 

AMERICAN・EXPRESS(アメリカン・エキスプレス)

年会費が高いため日本ではあまり普及していませんが、海外では最も知られたステイタスなカードとなります。アメリカン・エキスプレス自体がクレジットカードを発行し海外旅行時の航空券、宿泊先の手配やレストランの予約まで行ってくれるサービスがあり飛行機をよく利用する人にはかなり人気のカードです。

 

DinersClub(ダイナース)

世界で最初にクレジットカードを提供したのがダイナースカードです。クレジットカードを持っているのがステイタスシンボルという概念を作った会社ですので、現在でも会員は会社経営者やエグゼクティブ層が多いです。ダイナースカードが使えるお店も高級レストランや高級ショップが多く、一般店では使えないことが多いです。

 

アメリカンエキスプレスカードが人気クレカ